埼玉県入間市で低価格審美歯科なら当院まで@セレック導入
HOME>審美治療

審美治療

当院の審美治療
オールセラミック矢印オールセラミック
自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、硬すぎて他の歯を傷つけることもない、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。
体に優しい材質なので違和感もなくなり、自然な白く輝く歯に変身できます。

詳しくはこちら>>



ハイブリットクラウン矢印ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたものです。オールセラミックよりもやわらかく、色調は多少劣り、経年的に変色します。インレーやクラウンを作製できます。


メタルボンド矢印メタルボンド
内冠が金属で表面にセラミックを焼き付けた人工の歯です。長期の使用でも、色の変化はありません。
しかし、金属を使用しているので歯肉が黒っぽく変色して見えることがあります。
オールセラミックよりも透明感を出すことが難しいものです。



ラミネートべニア矢印ラミネートべニア
歯の表面を少し削り、暑さ0.5ミリ程度のボーセンジェルを歯の表面に接着する方法です。歯を白くしたり、形態を修正したり、歯の隙間を改善する方法です。


ジルコニアセラミック矢印ジルコニアセラミック
ジルコニアセラミックは、メタルボンドの内面の金属の代わりに、ジルコニアを使用し、その上に色づけ用のセラミックを築盛焼成したものです。
ジルコニアとは、酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックで強度と美しさにすぐれたものです。従来のセラミックは硬度が高いために、柔軟性に欠け、強すぎる力を加えると、破損してしまうことがあります。

ジルコニアしかしジルコニアは、従来のセラミックの3倍程度の強度であり、また、金属を超える強度があるとも言われます。金属を一切使用しないため、金属が溶け出すことによる歯肉の変色、金属アレルギーなどの心配が無く、強度も強いので、ブリッジに使用することも可能です。
また、審美的にオールセラミックに多少劣る場合もありますが、土台が金属の場合などケースによってはオールセラミックよりも審美的に仕上げることができます。つまり、オールセラミックよりも強度や土台の色を消したい場合などに適応されます。