埼玉県入間市で低価格審美歯科なら当院まで@セレック導入
HOME>オールセラミック治療例

クラウン(被せ物)

セレッククラウン
オールセラミッククラウン法は、主に虫歯の治療のために歯を全体的に削り、セラミック素材のクラウン(冠)を被せる方法です。歯全体を被せるので、咬む機能や審美的要素がとても大きくなります。
従来の自費診療では、金属の上にセラミックを焼き付けて作るメタルボンドというものが多く見受けられます。しかし、金属を使用しているために、アレルギーの問題や、歯肉が金属により黒く見える欠点があります。
さらに、歯との適合性はその歯の周り、つまり歯周病へも影響します。銀歯のような不適合なものでは、どんなに歯ブラシをがんばっても不適合な隙間に細菌がついて、歯周病が進行しやすくなります。
当院で行っているセラミッククラウンは、コンピューターで作成していますので、精密で審美的に優れ、歯周病を誘導しにくいともいえます。つまり、歯周病が進行している方の多くは、ブラッシングをしているのに進行を止められないことを経験されていますが、不適合な銀歯などが入っていれば適合精度に優れるものに被せなおす必要があります。
さらに、審美的に優れているのがオールセラミックなので、色調にはこだわった配慮をしています。コンピューターがオールセラミック冠を削りだした後に色の調整を行っています。
治療前
セレッククラウン

矢印
治療後
セレッククラウン

他の歯がきれいな場合は、とくに透明感を重視して色を合わせます。この方法が1日で可能です。
セレッククラウン
治療前
セレッククラウン

矢印
治療後
セレッククラウン

隣在歯にいろいろな模様があればそれにあわせて色づけをし自然感を出します。
昔のように白ければいいというレベルではありません。翌日装着可能です。
セレッククラウン
治療前
セレッククラウン

矢印
治療後
セレッククラウン

このように被せる歯の奥に銀歯が入っているとその金属が光を反射して周囲にグレー色が強くなります。その歯はもちろんのこと銀歯の咬んでいる下の歯までグレー色になっているのがわかりますでしょうか?
だから、被せる歯の色は、手前の歯や下の歯の色調を反映させて作製します。さらに奥歯の金属からの反射の影響を受けないように、そこに不透過な色をつけて調整しています。
このようなこだわった治療を日々行っています。1日で装着可能です。