埼玉県入間市で低価格審美歯科なら当院まで@セレック導入
HOME>オールセラミック治療例

オールセラミック治療例

治療例メニュー
オールセラミックインレー
セラミックインレーは、セラミックの詰め物で虫歯をきれいに治す方法です。
従来より、インレー法で使う詰め物は金属が使用されていましたが、審美性を高めるためセラミックを使用するセラミックインレー法が開発されました。虫歯が比較的小さくその範囲が狭い場合や、奥歯の金属の詰め物が気になる方に用いられます。

金属と違って歯の色を自由に調整できますので、美しく自然な仕上がりが期待できます。

オールセラミッククラウン
オールセラミッククラウン法は、主に虫歯治療のために歯を全体的に削り、セラミック素材のクラウン(冠)を被せる方法です。
審美的に優れるため、金属の被せ物を白くしたい場合や、古い差し歯を取替える場合、また、大きな虫歯跡などをきれいにする場合などに効果的な治療法です。
また、歯の形や生えている方向を大きく変えることが出来るため、歯並びを整えることもできます。つまり、歯の色、歯の形、歯並びなどの審美的要素をトータルに改善でき、さらに光の透過性が人の歯とほとんど変わらないので自然の歯が再現できます。
また、金属を一切使用しないので、金属アレルギーの方にも安心して適応できます。

オールセラミックラミネートべニア
ラミネートベニア法は、先天的に歯の色が変色している場合や ホワイトニングなどでは歯が思うように白くならない方に有効な治療法です。
歯の表面をダメージがないように少し削り、ネイルチップのような薄いセラミック素材の着け歯(シェル)を強力な接着剤で貼りつけてコーティングする方法で、治療期間は2回程度の通院で済みます。材質はセラミックですから、歯ぐきにもやさしく、磨耗や変色の心配もありません。
歯を白くするだけでなく、セラミック片の形や大きさを調整することで、多少の歯のすき間や歯並びの悪さもカバーできます。 安全で耐久性があり、しかも仕上がりが自然なところから、神経のある変色歯の治療の中では最も人気が高い治療法といえます。

ハイブリッドセラミック
ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたものです。
オールセラミックよりもやわらかく、色調は多少劣り、経年的に変色します。インレーやクラウンを作製できます。