埼玉県入間市で低価格審美歯科なら当院まで@セレック導入
HOME>オールセラミック


オールセラミックの特徴

オールセラミックの特徴
理想の素材ーセラミック
オールセラミック、その名の通り、全てセラミック陶材で作成された歯です。
自然な光を透過する優れた美しさだけでなく、強さとしなやかさまでも兼ね備えた理想的な材料です。
金属を一切使わないため、金属アレルギーの方にも安心してご利用いただけるという利点もあります。従来のセラミックのさし歯では、金属が使われていたため、歯肉の色が黒ずんでいましたが、オールセラミックを使うことで、黒ずみのない歯肉になります。
体に優しい材質なので違和感もなくなり、自然な白く輝く歯に変身できます。

オールセラミック治療をおすすめな方
  • 体に金属アレルギーをお持ちの方
  • 短期間に歯並び、歯の大きさ、歯の形を治したい方
  • 以前の治療でできた金属が見えることが気になる方
  • 歯の神経をとってしまって、歯が黒ずんできた方

※当院ではセレックを使っております。

オールセラミックの長所と短所

長所
  • オールセラミックなので金属を使用しない
  • 金属アレルギーの方も安心して使える
  • 金属を使用しないので体にやさしい
  • 金属を使用しないので、歯ぐきが黒くなったり、歯との境目が黒くなったりしない
  • 硬さが『歯』に近いので、かみ合う歯に負担がかからない(従来のものよりやわらかい)
  • 従来のものより壊れにくい
  • 『歯』と緊密に接着させるので虫歯になりにくい
  • 今入っている『銀歯』や『差し歯』をセレックの『白い歯』に交換できる
  • 従来のものよりコストがかからないので、『低料金』である
短所
  • 『銀歯』の時より歯を削る量が多い(厚みを確保するため)
  • 金属に比べたら強度は劣る(壊れやすいということではありません)
  • セレックを入れた後、しみる場合がある(通常すぐにおさまります)

ポイント

ポイントは当院ではオールセラミックの中でもCADCAM(キャド・カム)というシステムのセレック3Dを使っております。その為従来のものより壊れにくく低料金であるということです。 今まで白い歯にしたくても、費用が高くてあきらめていた方には朗報だと思います。
ヨーロッパの臨床的なデータでは、セレックを入れた歯の10年後の残存率(壊れたり虫歯になったりしないで残った確率)は90%以上であるという報告がされています。これは、セレックの質の良さを証明しています。

セレックの一番の短所は、基本的システム(セラミックブロックを削り出すこと)だけでは微細な凹凸の再現や周囲の歯に色を合わせることが難しいことです。色については、最近ではマルチカラーのセラミックブロックが開発されたことにより多少は改善されましたが、個別に色を合わせることは困難です。
そこで、当院ではセレックを削りだした後にマニュアルで凹凸を追加し、さらに個別な色づけを行い本物の歯の様に再現します。
奥歯などは、もちろん前歯も笑った時に本物の白くて美しい歯に見えます。
『患者様の歯を少しでも自然な歯のように白く見せてあげたい!』という気持ちから始めた当院独自のこだわりです!!

普通、『歯』は透明、白、茶色などの複数の色が混ざっています。
従来のセラミックでは、多数の色を使い、歯の色合いを再現します。
歯の色合いを再現します。だから本当の歯のようにきれいに見えるわけです。

『銀歯』や保険の『差し歯』に比べたら、オールセラミックの『白い歯』がきれいなのは当たり前ですよね。